2017.07.01

モンスニ通りの道しるべ

道が好き。
そんな人にも、鉄道並みにいろいろなオタクがいるものだ。
多くは、道に関する何かをコレクトする人たちかもしれない。
その代表は、道標であろう。
個人的には、好きなものは、その道の持つ雰囲気である。
写真と脳以外に、コレクトもできなければ、科学的でもない。
パリの道
モンスニ通りという道は、ユトリロの絵の題材にずいぶんと出てくるような気がする。
もちろん、モンマルトルであるし、自分の住処から近いこともあろうが、どうもね、見た絵の中では、頻出度高しなのだ。
おそらく、彼は、その坂道と、その雰囲気を気にっていたに違いない。
まあ、長い通りだし、長いと、顔も変わるから、題材に選ばれる回数も多いのかもしれないね。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/3201-f86e7664
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
わかります。私の知り合いにも行くまでの道が好きな人がいます。道と街ってとても大切な要素ですね。
Posted by momochin at 2017.09.24 05:25 | 編集
管理者にだけ表示を許可する