FC2ブログ
2008.09.11

ルイ15世と競馬の意外な関係

ルイ15世
さて、本日は、フランス競馬の母なるマリーアントワネットからさらに遡る。
ルイ16世のおじいさんの話だ。

サラブレットはフランス語でPUR SANG=ピュアな血である。
このサラブレットというのは、父親をたどるとたった3頭にしか行き着かないのである。
この3頭の血を引いていなければ、サラブレットではない。
この3頭の血=PUR SANG(ピュアな血=純血)なのだ。

このうちの一頭をルイ15世が持っていたのだ。
それをイギリス人が買ったというわけらしい。

その馬の名前をゴドルフィンアラビアンという。

この馬は今の日本の競馬にも当然大きな影響を与えている。

何年か前に話題になったアメリカの映画”シービスケット”はこの馬の子孫であるし、日本では引退レースの有馬記念で復活勝利したオグリキャップもまた、この馬の血を引いているのである。

ルイ15世の手からイギリス人の手に渡り、その血を引く馬が、木曽川のほとりを、誰にも気づかれぬまま歩いていたわけなのである。期待をそんなにされることもなく・・・。
その馬が、後に、大変な名馬として、日本の競馬ブームの火付けに一役を担ったわけだ。

話はまた飛ぶが、日本の映画”優駿”オラシオンという名前だった馬のモデルになった”メリーナイス”という日本ダービー馬も、また、このルイ15世の馬の血を引いているのである。

そんなところにも日仏をつなぐ話があるのだが、競馬好きのマリーアントワネットと違い、このおじいさんと孫であるルイ15世16世は、あまり馬そのものにも興味がなかったのであろう。

ルイ15世と言えば、この時代、フランスの馬産地にもなるノルマンディで、レースの工場などが出来てくる。ポンパドール婦人もマリーアントワネットも、このレースをこよなく愛したらしい。
町としては、アランソンが中心だ。いわゆるアランソンレースである。
このアランソンは、この地方、この県の県庁所在地であるが、この県のマークは馬のマークなのである。
ノルマンディといえば、レース、馬以外にも、カマンベール、シードル、カルヴァドス・・・。

フランス革命後、競馬に興味のある王、いや、皇帝がフランスに出現する。
ノルマンディはここの時代が重要だ。
その一族の話はまた次回以降に。

写真はロンシャン競馬場、凱旋門賞当日寸景。
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/320-967cd90f
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
こんにちは。
マリーアントワネットは競馬の母なんですか?
初めて知りました。

フランスのいろいろなことに詳しいので、読み応えがあって毎回楽しく拝読しています。
パリは私にとって特別な感覚がある場所なので、勝手ながら親近感を抱いております。

記事の内容とは全く関係のないコメントで失礼ですが、貴ブログを私のブログのリンクに加えさせていただいてもよろしいでしょうか?
Posted by 美宙azr at 2008.09.11 09:57 | 編集
リンクはどうぞ。

フランス競馬の母ですね。
Posted by 管理人 at 2008.09.16 21:32 | 編集
管理者にだけ表示を許可する