2017.06.18

ドゥオーモの扉

遠目に見ていたら、唐草模様の扉のように見えていたが、近くで見てみたたら。
なんですかね、ステンドグラスの彫刻版。
アイコンの連続が扉になっているんですね。
ミラノ
こうした、絵やステンドグラスに見られる題材は、どういう意味合いを持つのかはわかりませんが、教会の扉にそれが存在するということは、仮に教会が閉まっていても、それらを理解することができるということなんでしょうか。

扉に頭をぶつけたら、確実にけがをしてしまうほど、リアルな彫刻になっていますね。
ガウディのドラゴンの門扉を思い出しますが、あの扉では、私は本当にけがしたので、トラウマかもしれません。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/3188-19f440b2
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する