2017.05.03

Rue Auber オーベール通りとRue Scribeスクリブ通りの交差点にて

オペラ座を正面から見ることは、結構多い。
日本食を食べに行くのも、本屋へ行くのも、パレロワイヤルからピラミッド界隈へ出没するためでもある。
もっとも、最近は、ユニクロがスクリブ通りにできたから、裏手のオペラ座を見る機会も増えた。

デパートでお買い物する人たちからすれば、裏オペラは見慣れた姿であろうけれど、給料は上がってほしいが、物価安のデフレも歓迎という貧乏人の我からすれば、オペラ座の裏にはあまり用事がない。
パリの道
さて、ここも、まだ9区。
随分都心にいる気分だが、オペラ座はがっつり9区に入っている。
なんだか、2区のような気がしていたんですがね。

横から見るオペラ座。
この雰囲気だと、駅だ!と言われても納得しそうだが、それだけ、大きな駅の建築も重厚感があるからだろう。
建物に張り付くようにある、ヤッキョウを立てたような円形の建物が、駅らしくないといえばそうか。

しゃちほこみたいな金の彫像も見える。
ウサギの耳のようにも見えますが、おそらく天使の羽でしょう。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/3145-3baf27e3
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する