2017.04.27

ドゥオーモの太さ

そろそろ出口付近へやってきた。
今まで見てきたものが、ほとんど入るように、写真を撮ってみる。
ミラノ
やっぱり、印象的なのは、柱の太さ。
奥のバラ窓下のステンドグラスも横幅が広いし、建物自体も横幅ひろしである。
絵もここから見てもおおきいですけど、目の前にあったら、どれだけ大きいのか?
ちゃんと、脳にイメージしながら描けるもんですね。

立体と平面の双方をイメージしながら行き来することなど、私にはほどんど不可能。
絵心はないので、もっぱら、鑑賞と、うんちく専門です。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/3139-a48f141b
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する