2017.01.30

レンガ色の交差点 エミール・ブルモン通りとアンドレ・メサジェ通り

Rue André Messagerアンドレ・メサジェ通り。
Rue Emile Blemontエミール・ブレモン通り。
二つの道が交わるところは、ちょっとした広場のようになっている。
パリの道
パリといえば、白いアパルトマンが立ち並ぶ住宅街を想像するのだが、ここは、レンガ色の建物があたりを取り囲む。
あえて、このあたりだけ、こうしたカラーで統一されているようなのだけど、どういうことだろうか?

フランスにも、トゥールーズをはじめ、こうした、レンガ色の建物が多い地域もいくつか点在しているので、パリの中に、フランスの縮図があるような感じである。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/3052-b4f51674
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する