2017.01.26

ドゥオーモのステンドグラス

入場門まで聞いた、ガイドさんの説明によれば、新しいステンドグラスと古いステンドグラスがあるので見てくださいとのことだった。
東側の壁と言っていた、入場直前に言われた記憶をもとに、新旧を探してみる。
ミラノ
たしかに、明らかに違う雰囲気のものがあった。
上のものが古く、下のものが新しい。
きっと、これなのではないか?
そう思って、写真を撮っておく。
ミラノ
ガイドさんに説明してもらえると、ものぐさにとって、ガイドブックを読む手間も省けるという利点もあるし、ポイントを押さええてもらうと、余分な情報は入らぬから、記憶して起きやすい。
ステンドグラスを作ってゆく過程が違うのだそうだ。
そんなことも聞いたが、このステンドグラスからは、はっきりと、その過程はわからない。
ツアーの残念なのは、時間に制約があることだ。
この聖堂内には20分の時間制限だった。
一長一短ですね。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/3048-684aea9a
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する