2016.12.24

サン・ヴァアスト・ラ・ウーグ 湿地

海面から、草の先がのぞいている。
おそらくは、干満で地面が見えたり、隠れたりするのだろうと思われる。
モン・サン・ミシェルやサンマロだけが激しい干満があるわけではないのだろう。
ここも、モンサンミッシェルがある同じ県。
サン・ヴァアスト・ラ・ウーグ
剃り残した髭のようですけね。
水の多すぎる田んぼのようにも見えます。
船に乗って、手のひらで、草の先っぽをサラサラとなでながら移動してみたいですね。
それにしても、潮の香りは全くしない欧州の海。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/3017-8f3143ca
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する