2016.11.16

スフォルチェスコの穴

お城の壁一面の穴。
銃眼のようにも見えるけど、なんなんですかね。
でも、一番気になるのは、真ん中にあいた、大きな穴。
通路というか、トンネルというか。
ミラノ
穴も、人が通る道。
先には、座ってくつろぐ人たちと、広場風の空間が見えます。
どんなふうになっているのか?
少しだけヒントをくれているクイズのよう。
ミラノ
こちらのトンネルは、先が明らかに外へつながっている。
ずーっと先に見えているのは、凱旋門みたいですね。
のちのツアーでも、その近くをバスで通りましたが、残念ながら、バスからは見えず。
おそらくは、あの凱旋門のことだと・・・。

向こう側がずーっと先まで見えているから、完全に穴の向こうの空気は外界のものですね。
こちらは、穴というより、通路。
門なのでしょう。
分厚さを感じます。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/2979-0af469bf
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する