FC2ブログ
2008.08.08

無期限マイレージの行く末

アシアナ航空がこの10月からマイレージに期限が出来る。
出来るといっても7年だから、そこそこ乗る人には大きな影響はない。
3年と比べても倍以上だから、一年に1度は海外へ行く人にとっては、何とかなる年数である。

大韓航空も5年になってしまい、コンチネンタル航空も、スカイチーム脱退、提携話、その他があるから、予断を許さない。

こうなってくると、18ヶ月や3年でのマイレージに変動があれば、期限が延長されるマイレージプログラムが良いか?それとも、5年や7年という期限が長めのマイレージプログラムが良いか?ということになってくる。

もっとも、何度も行っていることだが、マイレージは副産物であって、航空券そのものに大きな金額の差があれば、圧倒的にマイレージよりその航空券金額差だ。欧州なら2度のフライトでその差額を獲得しかねない。

格安でしかもマイレージが貯まるというのが理想である。
パリ行きの場合、やはり、値段を考えると、スカイチームかスターアライアンスが選択肢としては有利であることは間違いない。
アシアナ、大韓、キャセイ、アエロフロート、タイ、中国東方、中国国際、マレーシアがパリ行きは、格安チケットの多いエアラインで、ついで、KLM、SAS、スイス、アリタリアなどであることが多いからだ。キャセイを除くと、ワンワールドではない。

期限延長型の米仏のマイレージプログラムも、韓国のマイレージプログラムもだいぶ差が縮まった感はある。
どういったクラスのチケットでどの程度マイレージを貯められるか?格安エアラインが同じアライアンスにあるか?などが、今まで以上に重要項目になる。
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/295-98497b9e
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する