2016.09.30

夜行列車テロの旅

イタリアからパリへは、夜行列車に乗った。
35ユーロで、ミラノからパリまで、寝ていける。
宿代も、飛行機代も、浮く。

であるが、評判はあまりよろしくないようだ。
夜行列車テロ
見た目の車両は、ピッカピカに磨かれている。
中に入ってみると、6人部屋であるが、汚くはない。
というか、思ったよりずいぶんきれいだった。
夜行列車テロ
ただ、ミラノ中央駅では、30分の遅刻。
接続列車を待っていたようだ。
40分ぐらいしたら、同部屋の男性がやってきた。

もともと、同部屋には、おそらくアメリカ人と思われる3人の巨体が座っていた。男性2人と女性である。
遅れてやってきたのは、おそらくフランス人の男性である。
6人部屋だが、5人ということだ。
巨体ばかりだから、一人少ないのは、ずいぶん助かっていたのに違いない。

クシェットには、一人1本の水がついている。
夜行列車テロ
部屋の内部は英語が公用語になった。
もっとも、おとなしい人たちばかりで、たいした会話はない。
ミラノを出て、ベットをセットして、女性のライツオフ?の言葉で電気が消された。

そのあとは、フランス語の車掌さんのパスポート回収と改札があったが、他は、いびきの大合唱であった。
さすが、巨体だけのことはあるといった感じ。
でも、いびきは大きくとも、私はそんなに気にならず、いびきBGMと共に、きれいに睡眠。
夜行列車テロ
ディジョンに着いたのは、朝方。
その前にパスポートの返却があり、ディジョンでフランス人は下車していった。
再び睡眠。

8時ごろ、目が覚めてトイレへ行くと、一晩でずいぶんと汚れたものだ。

セーヌ沿いを走る列車は、30分遅れもなんのその。
定刻にパリ・リヨン駅に着いた。

もっとも、夜中、どこかの駅でずいぶんと停まっていたけどね。
そこで、遅れも調整できるってわけですね。

真横になれるから、飛行機なんかよりは、ずいぶん寝れます。
翌日も行動できますね。

6人クシェットの真ん中の段でしたが、はっきり言って、一番上が圧倒的にいいです。
下と中の段は、頭起こすと、上にぶつかるんですよね。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/2936-e8a3c71f
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する