2016.08.24

Mezibranská メジブランスカー通り

パスポートを盗まれた。
パソコンも、デジカメも、であるが、パスポートは申請しなければ、日本へ帰ってこられない。

本来は盗まれたドイツで手続きすべきなのだろう。
あの瞬間、乗り継ぐべき夜行列車まで、わずか数十分の間のできごとで、ケルン駅の警察署へは行ったものの、書類を作ってもらっている時間もなく、一応はその場で、列車に乗らなきゃなんない!と言い、いいよと言われて乗ってしまったのだ。
それ以外、夜半のケルンで、今更宿を探し、翌日以降の国際列車を予約し・・・プラハの宿はどうなるのか?他どうなるのか?などなど、そこまで考える余裕などなかった。

とりあえず、決めたルートでプラハに行き、そこで、対処する以外に、頭の中にはなかった。
そうじゃなきゃ、お金も時間も莫大に失うよ!
そう、思っていた。
プラハ
プラハへついて、宿へ向かうとき、この通りを通ってゆく。
ここから、日本へ国際電話して、プラハの大使館の住所を聞いた。

その電話をする前に、写真を撮る余裕はあったのだから、ずいぶんと落ち着いたのだろう。
もっとも、この町は、二度目だったため、よかったかもしれない。
ただ、電話の充電器も失ったため、電池切れは命取りである。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/2899-2286140d
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する