2016.08.23

ヴォー・ル・ヴィコント城の窓の向こう

ヴォー・ル・ヴィコント城から、庭園が見える。
自分自身が、城に住む一人の人間となってみる。
窓の向こうに見えるのは、広大な庭園である。

あれは、だれのための庭園なんですかね?
ヴォー・ル・ヴィコント城
誰もいない自分ちの庭。
広大だけに、ちょっと寂しいような気もしますね。

お金持ちであっても、体のサイズは50歩100歩。
見える窓の大きさも、同じように感じるだろう。

誰のための城で、だれのための庭?
自分が見て楽しむためじゃないと、この窓の手前の空気が言っているようで・・・。

誰かに見せて、素晴らしいと言ってもらえてはじめて、これらの庭園と城が意味を持つように思えるのである。
2DKとワンルームは違う。
だが、2DKとこのお城は、生活するうえにおいて、どれほど違うのか?

窓のこちら側に住んでいたとしたならば、ちょっと、寂しい気になりますね。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/2898-52f0c100
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する