2016.07.30

マンステールの僧院跡

観光局の裏側に、廃墟がある。
まるで、公園に作られたアトラクションのようでもある。
どうやら、ここは、ここにあった僧院の後のようだ。
マンステール
回廊らしきアーチ形の壁面が遺る。
そのわきから見える、プロテスタント教会。
僧院は、きっと、カトリックだったろう。
だが、プロテスタント教会との色合いバランスはいい。
マンステール
カトリック教会の白肌と、こちらのレンガ色は、時代の相違を感じさせる。
マンステール
メロヴィング朝時代にはすでに存在したらしいから、歴史は古い。
12世紀には焼失しているようだが、シャルルマーニュが作った、フランクの大帝国の中央に位置するアルザスであるから、こうした、大きな僧院も、この山間の町にも作られたのだろう。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/2874-eb6a52c9
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する