2016.07.17

Place de Rhin et Danube ラン・エ・ダニューブ広場

ラン・エ・ダニューブは、ライン川とドナウ川のことであろう。
ドイツの印象が強い名前だが、どうやら、第二次世界大戦の自由フランス軍の第1軍につけられた呼称のようなのだ。
パリの道
この広場は、パリの19区のムーザイア地区の戸建て住宅街の中央にデンと存在している。
メトロ7bis号線のダニューブ駅の真上。

なぜ、このような名前なのだろうか?
この地名の日付はなんなのか?
この外国(フランスからみた)の地名はなんなのか?

そうしたものが、戦争の関連名称であることは実に多い。
歴史的にみると、今フランスにあるものは、勝ち取った現状である。
守り続けた島国日本とは、意識的に違うのかもしれない。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/2861-1741a8cc
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する