2016.07.04

サン・ローの城壁と紅葉

サンロー城壁脇を通っていると、教会と壁と紅葉という3種盛りに出会い一枚。
サン・ロー
でも、どうやら、個人的に気に入ったのは、そそり立つ城壁。
地面が写っている方が、壁のイメージ、高さ・・そんなものが伝わるのではないか?
画的にも、こちらのほうが好きだ。
サン・ロー
何度も書いているように、ビー玉ころがし道が好きである。
そのビー玉が転がる壁に相当するのが、この城壁。
そうなると、自身がビー玉になって、道そのものを冒険できるのである。

とくに、木の幹との間はね。
そこを通り抜けたくなるわけですよ。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/2848-b7967b02
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する