2016.06.14

ヴォー・ル・ヴィコント城 女神の部屋 シャンブル・デ・ミューズ

壁色から青の部屋といった雰囲気。
ここは、天井、シャンデリア、タピスリーの豪華3点セットが圧巻。
ヴォー・ル・ヴィコント城
ブルー基調に、赤い椅子が印象的。

いつも思うことではありますが、こうした正面を向いて椅子が置いてあることが多い。
展示のためなのか?これが基本配置なのか?
よく見ますよね、この向き。

顔を合わせぬよう、ご婦人たちがお茶でもしたとしたら・・・。
脚は組まぬほうがいいですよ、腰に悪いから。

そんな気分になるイスの向き。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/2828-0f06fe1f
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する