2016.06.08

Pod Sklípky カーヴ・トンネル

パルドゥビツェの市庁舎広場の裏手。
建物の下に、トンネルができている。
Sklípkyというのは、ワインの貯蔵庫などの意味があるらしいから、このトンネルが以前は、ワインカーヴだったのかもしれない。
パルドゥビツェ
そんなトンネルの入り口の車止めらしきポールが立っている。
この弾丸のような形をした車止めは、まるで、鉄兜を被ったお巡りさんのようでもある。
たとえ、ここを通過できるサイズであったとしても、通ってはならない。
彼が立っている位置も、なんだかちと微妙な位置である。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/2823-deaa3371
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する