2016.06.05

ミネルヴの石垣、総構え

こうやって下から見上げると、完全に城ですね。
ミネルヴ城。

先日言った小田原城も、総構えが有名。
ちょうど、大河の真田丸も、小田原城攻めに話が進みそうで、偶然とはいえ、タイミングが良かった。
ミネルヴ
日本には、城壁に囲まれた町はないのだと思っていたのだが、総構えで調べてみると、結構ある。
石垣、土塁、堀他で町の一部を囲っていたりしたのだと、改めて知る。

小田原の交差点の名前にも、早川口とか、箱根口とか、そんな地名がある。
パリの街で言えば、ポルト(門)に当たるのが、口ということだ。

それでも、この小さな村の遥かなる高さの壁にはかなわない。

地つながりで、いったいそもそも、その土地は誰のものなのか?
どこの所属なのか?

大陸は、常に、そうした、異民族や隣人との闘いから、守らねばならない状況だった。
島国の中は日本で、異民族を神風で撃退した歴史とは、少々違うのであろう。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/2813-90f88aa4
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する