2016.05.19

バルフルールからガットヴィルの灯台へ3

ガットヴィルへの道を歩く。
堤防があって、そのうえを歩いたり、階段で、道路へ降りたり。
バルフルール
その堤防の道の奥にも、小さな壁がある。
これは、乗り越えた水を 防ぐものなのか?
それとも、もともとあった堤防なのか?
敵の侵略を防ぐ歴史的建造物なのか?
バルフルール
苔むした壁と、色あせた感じの植物と家々の重なりが、なにか、場末な、そして、風の多そうな地方であることを感じさせるような色合いである。
ただ、この日、風は穏やかで、日が昇るにつれ、完全な散歩日和となった。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/2805-5535c205
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する