2016.04.27

パルドゥヴィツェ城にて

この町へは、競馬でやってきた。
時間があまりないので、外から眺めるだけになったが、フランスのお城たちとは、ずいぶんと違う。
教会のようで、普通の家が何層にか固まったようで、それでいて、気品もある。
パルドゥヴィツェ
ぼこぼこした模様は、スグラフィットというのだそうだ。
この国特有なのか?
この地方に多いのか?
ともかく、実際は凸凹していない壁で、だまし絵になっている。
パルドゥヴィツェ
なぜ、実際に凸凹させずなのか?
金銭的なものもあろうし、維持管理が楽なのであろうし、そして、なにより、デザインが良いからでもあろう。
そう推測する。
パルドゥヴィツェ
城脇の土手から一枚撮る。
正面よりも、こちらのほうが、もっと、品のある雰囲気となる。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/2780-6837ccb9
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する