2016.04.22

Rue de Sèvres セーヴル通りの門番

セーヴル通りとシェルシュミディ通りが分岐するところ。
両方の通りを守るように立つ銅像がある。
パリの道
これがケンタウルスなのか?どうかはわからないが、体が馬の人といえば、そういうことになる。
台座に、おそらく、彫刻した人とタイトルは書かれているだろうから、次は確認しておこう。
パリの道
パン屋さんのポワラーヌはすぐそこ。
買い物ついでに、この刺さったら痛そうな銅像に一瞥してゆく。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/2775-3d83e747
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する