2016.03.30

パルドゥビツェ城へ

お城への参道というべきか?
なんだか修道院へでも向かうかのような厳かな雰囲気漂う道を歩いてゆく。
パルドゥビツェ
遠くにお城が見えている。
白亜の城である。
パルドゥビツェ
玉ねぎが乗っかっている城であるから、東欧らしいというべきか。
フランスでみるお城とはずいぶん違う。
フランスの城が男性的な華麗さであるとしたら、こちらは女性的である。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/2752-dde5de0a
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する