2016.03.24

バルフルールの十字架

港の突先までいってみる。
すると、ベンチが並び、十字架が立っている。
バルフルール
ブルターニュにカルヴェールというキリスト教の飾りのある十字架のようなものがあるが、それに似ているようでもあるのだが、装飾はほぼなく、シンプル。
海のお守り的存在なのだろうか?
バルフルール
シンプルさがわびさびを誘う。
黄昏ずにはいられない。
これらのベンチで語られる話は、ほんのちょっぴり、重い話かもしれない。
重い話も軽い話も、実のところそんな差はないけれど、この空気感が、まじめな自分を演出させる。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/2746-5d4b0dae
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する