2016.03.07

コンピエーニュ宮殿 サロン・ドゥ・レセプシオン

レセプションルーム。
応接室といえばいいのか。
こうしたところに来ると、富というのは、ひけらかすためにあるのか?と思ってしまう。
もっとも、お金持ちにとっては、それほどの感覚はないのかもしれない。
コンピエーニュ
ここは第二帝政時の装飾らしい。
落ち着かぬ。
おそらく、ここに住んでいたわけでもないであろうし、政治的に使われることもあった場所の一つであるから、マイホームを夢想する、こちら庶民の感覚でとらえてはならぬのだろう。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/2729-95e0c2de
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する