2016.02.21

ラグラッスの裏通り7

修道院から橋を渡って、街に戻ってからの写真だから、橋付近には違いないが、何通りであるかは不明。
きっと、後でわかると高をくくってバンバン撮っていたのに違いない。
結局のところ、どの通りかはわからないことになる。
ラグラッス
そうはいっても、この町の散策範囲は大きくない。
この場所へ出会うことも、簡単であるだろうし、ここでなければならない理由もないほど、ラビリンスな町である。
ラグラッス
街頭と、蔦とバル。
思い切って望遠してみたら、中の電球まで見えた。
いずれ、LEDが占拠する時代が来るのだろうが、ガス灯、白熱球、蛍光灯ときて、LEDとなると、びみょうに雰囲気が変わってくるのだろうか?
でも、外側のガラスの色が、光をマジックしてくれるに違いない。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/2715-b702f0e7
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する