2016.02.17

パルドゥビツェの紋章

なにしろ、ここは、馬の町。
このマークの先の門は、建物に囲まれた広場へと通じ、その先にはお城がある。
パルドゥビツェ
この脇の観光局へ入った。
地図をくださいと言った。
どこから来たのか?と聞かれたので、日本と答える。
競馬場の場所も聞いておく。
もちろん、教えてくれた。
その後だ。
目を輝かせて、ヴェルカパルドゥビツカに来たの?と聞かれたのだ。
この日行われる、馬の大障害レースのことだ。

あの目の輝きは、きっと、とても遠い国からこの町へやって来てくれたということ。
遠い遠い国に、そのレースを知っている人がいたこと。
そのために違いない、と勝手に思っている。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/2712-d89c951a
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する