2016.02.10

プラハ 古き良きトラム

プラハ市電気鉄道と訳せばいいのだろうか?
1900年と1901年のトラムの車両である。
ボヘミア王国時代で、ハプスブルグ家の一員だった時であろう。
プラハ
ハプスブルグ文化であるのかどうか?わからないが、文字まで、上流階級的な、雰囲気がある。深い色(緑や青や紫)に金文字だと、やけに、高価な感じになりますね。
プラハ
赤の車体でも、文字がこうなるだけで、締まった雰囲気になるから不思議。
文字と色でこんなにも雰囲気が変わる。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/2706-e02368b6
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する