2016.02.03

パルドゥヴィツェ

パルドゥヴィツェの市中心部にあったオペラ座。
どんな建物であるかはわからなかったが、近づいてみると、スメタナの文字。
じゃあ音楽施設だろうと推測はつくし、なにか、彼に関係があるに違いないと思うわけだ。
パルドゥヴィツェ
スメタナといえば、わが祖国のモルダウが有名で、小学校のころから覚えているクラシックの数少ない曲の一つだが、このひと、オペラも創っているんですね。
プラハから、パルドゥヴィツェまで来たら、さらにそこから、南東のリトミシュルへ。
そこが、スメタナの故郷。
パルドゥヴィツェ州であるから、あるいみ、ここは、地元といっていいのかもしれない。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/2703-34477aef
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する