2016.01.16

コルマール プティット・ヴニーズ夜景3

レストランと、その前に浮かぶ小舟がライトアップされている。
なんとも優雅な時間を過ごしながらの食事になるだろう。
こちらは、そんな懐の余裕はないけれど、少しだけ、その雰囲気を路上から味わうことができる。
コルマール
貧乏人の至上の贅沢、散歩であるが、無料というけちくささだけとは言えない。
そもそも、散歩が目的なのか、食事やイベントが目的なのか、撮影が目的なのか?
同じところを歩いていても、見えている風景は結構違うものである。

撮影は探し物移動になりやすい。
食事は、イベントへの往復となる。
散歩は、その時間自体が目的で、移動範囲は最も広範囲に及ぶ。

3つともすればいいじゃないか!と思うのだが、そうはなかなかいかない。
こうしたことは、効率の名のもとに、お金で時間を買うことができないからだ。

私の場合、探しながら歩いていることが多いのかもしれない。
その分、単なる散歩より、せわしない時間の過ごし方をしているような気がする。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/2684-c07c833a
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する