2015.11.28

コルマール サンマルタン教会 メメント・モリ

サンマルタン教会は砂岩でできているらしい。
砂岩といえば、簡単に削れるが、簡単に崩壊してしまいそうだ・・・、というのは、素人考えなのだろう。
こんな大きな建物を色を変え重ねつつ造っているのであるから。

教会を広角カメラ目いっぱいで撮る。
そうすると、入ることは入るが、御覧のとおりの歪み具合。
ここまでになると、入っているが迫力は欠けてしまう。
コルマール
脇のかわいらしい看板を教会の時計を撮る。
よく見ると、時計の下にMEMENTO MORIと記されている。
MEMENTOはメモリー、記憶のことだ。
MORIはフランス語のMORTと同じ、死を意味する。
すなわち、死を記憶する。
死を意識しなさいということなのだろう。
コルマール
人生設計の上手な人は、死ぬ時点から引き算して人生を考えるそうだ。
そんなことを、テレビで見た記憶がある。

何を達成したいのか?
いつまでに何をしなければならないのか?

凡人である私は、そんなことを考えたりもしなかった。

テレビで知ったのである。
MEMENTO TVである。

できる人とそうでない人はかくも違うと、感じずにはいられぬ。
聞いたからって、死から考えるなんて、とても自分にはないストイックさである。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/2654-cde5007e
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する