2015.11.23

ノワイヨン大聖堂の内部へ

ノワイヨン大聖堂の身廊。
古い時代のものであっても、ああ、ゴシックだと思わせる構造になっている。
高い天井とヴォールトが見て取れる。
ノワイヨン
翼廊部分は、壁が平面ではなく、円形になっている。
ここには、バラ窓がない。
ノワイヨン
ステンドグラスとかバラ窓とか、そういった装飾物がないだけに、余計に、複雑で直線的な柱の数々に目が行きますね。
それだけでも、圧倒される雰囲気を持ってます。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/2635-8cd4c1d7
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する