2015.12.06

ラグラッスの裏通り6 Rue Paul Vergnes ポール・ヴェルヌ通りから

サン・ミシェル教会の壁とバラ窓が見える。
その手前の壁、壁、壁。
教会脇に立つ建物たちの壁で、教会の壁ではないが、これらが教会とともに、町ごと同化している。
ラグラッス
おそらくは、町は計画的に作られているであろうし、それは、こんなに小さい街でありながら、碁盤の目風になっていることからもわかる。小さな町にいながら、どこに自分がいるのか?すぐにはわからないようになっているのかもしれない。
実際、歩いていると、町の大きさを実感することはない。
小さな村というのは、あくまで地図上で思うだけのことだ。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/2630-18a1da70
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する