2015.11.09

ノワイヨンの武骨なファサード

ゴシック初期なのだそうだ。
ロマネスクのような屋根の塔が2本。
左右の縦窓の数が違う。
右が3本、左は4本。
ノワイヨン
モン・サン・ミシェルの北壁のような、縦筋のデザインが並ぶ。
ノートルダム寺院も、時代は近いのだろう。
似てはいる。
ただ、王のギャラリー他、装飾はこちらのほうが少ない。

塔の左右が違うが、シャルトルのように、まったく違う形をしているわけではない。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/2616-d6dadfb3
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する