2015.11.06

Avenue Simon Bolivar シモン・ボリヴァール通りの穴

パリ19区の大通りながら、うねうねと曲がる通りがある。
パリといえば、広場と広場、モニュメントとモニュメントを結ぶ、まっすぐな感じの通りが多いのだが、これは違う。
そのうねうね通りに立つアパートに、ぽっかりと穴が開き、そこから、階段が伸びている。
どこかの、アパートの階段ではなく、れっきとした通りなのだ。
パリの道
うねうねの理由は、ここの階段が存在する、丘ゆえだろう。
これを迂回するように、通りが伸びているのである。

階段を昇れば、そこは丘。
すでに紹介しているが、ベルジェールの丘に通じるのだ。

ここ以外にも、ビューットショーモン公園脇のマナン通りにも、同じような穴がある。
たどり着く先は同じだ。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/2613-399cfd5b
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する