2015.11.04

アエロフロート航空でパリへゆく5 プラハ本駅バスターミナル

ようやく、帰国の途に就くという前日。
パスポートもなくし、帰国のための渡航書というわずか1週間の書類で、日本にたどり着かねばならぬ。
そのためには、乗り遅れた!なんて許されぬ。
念には念を入れて、プラハの空港まで行く、エアポートエクスプレスというバスの乗り場を確かめに、プラハ本駅へやってきた。
プラハ本駅バスターミナル
2年前には、ここから、ドイツ国鉄のバスでニュルンベルクへ向かい、フランクフルトから帰国したのだが、今回は、プラハから直接帰国する。
パリ単純往復よりも、プラハからの帰国チケットの方が数千円安かった。
夜行に乗れば宿代も浮く。
パリからプラハまでの移動が100ユーロほどであったので、それならと、パリイン、プラハアウトのチケットにしたのである。
プラハ本駅バスターミナル
プラハ本駅の案内板はわかりやすい。
バスのマークに従って、エスカレータをあがってゆけば、このドームに出る。
二年前と変わっていないが、工事中だった場所は、格段にきれいに変わっていた。
電光掲示板もとってみたが、Flughafen Prahaというのが、プラハ空港の意味だ。
表示は、ドイツ語、英語、チェコ語で順に表示されていたのだが、英語をとったはずが、とられた写真は、ドイツ語に替わってしまっていた。
プラハ本駅バスターミナル
外のバス停に出て、バス停表示を見てゆくと、すぐにAEの表示。
AirportExpressである。

バスは、30分おきに出ている。
駅の一番下奥にある、みどりの窓口のような切符売り場で、バスのチケットも時刻表ももらえる。
プラハに到着した翌日に、パルドゥビツェ往復の国鉄チケットを同時に帰国日のバスも買っておいた。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/2611-9c585877
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する