2015.12.29

ブーランジュリー・ランドゥメンヌのクロワッサンとパン・オ・ショコラ

日本進出で話題のパン屋さんが、9区にありました。
ちょうど、サクレクール寺院が見える、マルティール通りの坂道の途中。
クロワッサンが有名なんて話題になっている。
9区のパン屋ばかりを今回歩いていて、この通りも既に2軒。ここで3軒目。
パリのパン屋
まずは、パン・オ・ショコラと、クロワッサンと、ショッソン・オ・ポムと思って入ったのだが、クロワッサンもなければ、パン・オ・ショコラもない。
そう思ったら、出てきました。
きっと、人気店の上、行った日は、周りのパン屋さんもお休みで、大忙しだったのでしょう。
パリのパン屋
独特な焼き色で、揚げパンのような狐色のパン・オ・ショコラ。
これと、クロワッサンを買って、外に出る。
すると、入れてくれた袋が、見たことのあるマークだった。
実は、18区のコーランクール通りのお店に行っていたのだ。
ここも、お店の中は、上品なパンが並ぶお店であるが、コーランクール通りは、もう全体的に、高級パン屋さんといった雰囲気にあふれている。
パリのパン屋
そのときもいろいろ買って食べて、ブログにも載せているが、この、パン・オ・ショコラの生地の焼け具合と色は、まさにこれであった。一番外側だけカリっとしているんですね。
パリのパン屋
さて、クロワッサン。
3区にある、美味しいと有名なパン屋さんと同様、ここも、ダイヤモンド型。
パリのパン屋
外側がしっかり焼けていて、中は、やわらかい。
3区のLe 59 Rdsも同じ形で外は焼けている感じだったが、中は、Le 59 Rdsの方がパンを食べているようで、こちらは、上のパン・オ・ショコラ同様のバラーらしさも残し、パン・オ・ショコラよりも、詰まった生地感のあるクロワッサンである。
パリのパン屋
ここの店舗は、赤いひさしですが、街とは溶け込んでいる感じですね。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/2594-a3c85632
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
アベイユ様

こんにちは。突然のご連絡で失礼いたします。

私はインターネットでの経営サポートをしているインターロジックの長谷川と申します。
当社は中小企業の方々のホームページをあらゆる角度でサポートしている会社です。

この度、アベイユさんが書かれた「ブーランジュリー・ランドゥメンヌのクロワッサンとパン・オ・ショコラ」という記事を、広島にある世界遺産「安芸の宮島」を一望するフレンチレストランのサイト

セイホウ・オンブラージュ


こちらのブログコーナー「四季を感じるブログ集」でご紹介させていただきたいと思いコンタクトさせていただきました。
詳細については改めてご案内させていただきますので、ご興味を持っていただけましたら、お手数ですが次の連絡先までご連絡いただけますでしょうか。

E-Mail: info@blog-relation.com

ご連絡をお待ちしております。

ブロリレ事務局
長谷川

運営会社 株式会社インターロジック


Posted by ブロリレ事務局より at 2016.01.08 10:22 | 編集
管理者にだけ表示を許可する