2015.10.06

パリ、毎年10月第1日曜日のお祭り 凱旋門賞2015

モードの祭典があったり、収穫祭があったり、大きなスポーツイベントがあったり、祭りがあったり、何とかデーがあったりと、毎週、何かしらのイベントが開催中のパリ。
定番のものは、季節と同じ意味を指す。
この凱旋門賞は秋。
パリを改造したナポレオン3世が造った競馬場だ。
凱旋門賞
日本からのファンもいるし、おそらく、在住の日本人の方も多く、ここへ足を運んでいることだろう。
もちろん、このレースが、競馬ではなく、イベントであるからでもある。

この競馬場も、この週末を最後に、改修工事に入る。
来年は、北郊シャンティイにて開催。
古いスタンドでは、最後の開催だ。
凱旋門賞
今年は、日本の馬はいないのだが、あの、日本のオルフェーヴルを破った、トレーヴというフランスのヒロインが主役。
競馬場の雰囲気も、前哨戦も、彼女が勝ち、彼女がここを勝つために、すべての舞台が作られた。
そういった感もある。
凱旋門賞
実際、負けるはずのない馬、そう誰もが思っていた。
勝てば、このレース史上、初めてとなる3連覇の達成。
しかも、女の子であるのにだ。
凱旋門賞
2週間雨の降らないパリ。
競馬場のコースは乾ききって、スピードの出るレースコースに。
あらゆる手を使って、盛り上げる、まるで、トレーヴに勝ってください!という出来レースのような雰囲気の中レースはスタート。
凱旋門賞
ところがだ。
やってきたのは、英国のニューヒーロー、今年のダービー馬ゴールデンホーンだった。
前日、母国開催のラグビーワールドカップでオーストラリアに完敗し、なんと予選敗退。
打ちひしがれてやってきた、英国人に勇気と希望を与える大勝利であった。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/2590-2faadbf5
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する