2015.11.10

Du pain et des idees デュ・パン・エ・デ・ジデのエスカルゴとショッソン

10区のマルセイユ通りの角にあるパン屋さん。
とにかく、混んでいる。
お店の構えも立派だが、内装もすばらしい。
パンを置いてあるお皿も立派だ。
パリのパン屋
いろんな賞を獲ったパン屋さんであることは、入口のガラスにデコレーションされているのを見ればわかる。
何年に、どこの何を獲ったというのは、並んでいる。
このパン屋さんは、袋までおしゃれである。
パリのパン屋
普通に、パンオショコラとショッソンオポムを頼もうと思ったが、普通のパン屋さんと並んでいるものの雰囲気は違う。
とにかく、目に付くのは、渦巻きのエスカルゴである。
しかも、何種類も並んでいる。
パリのパン屋
まずは、エスカルゴ・ショコラ・ピスタッシュ。
緑の渦巻きに目を奪われた。
呼ばれているので、応えなければならない。

これが、一番外側がカリカリで、徐々にしっとりとしている。
ピスタチオクリームとチョコレートは絶妙に合う定番の組み合わせだ。
パリのパン屋
そして、カブトガニに見えるショッソン・ア・ラ・ポム・フレッシュ。
これは、香ばしく、かっちりと焼かれていて、食べ応えもある。
餡は、酸味が少ないようだ。

個人的には、他のエスカルゴも食べてみたいね。
クロワッサンも、結構人気で出ていたから、食してみたい。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/2586-43e8ee5b
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する