2015.10.24

Mr. et Mme Levin ムッシュー・エ・マダム・ルヴァンのパン・オ・ショコラとショッソン・オ・ポム

今回は平日だったので、ほとんどが売り切れということはなく、目的のパンを購入できた。
パリのパン屋
まずは、パン・オ・ショコラ。
これは、揚げパンといえば、言い過ぎかもしれないが、サクサクなのである。
パンっぽい店から、しっとりの店、そして、ここは、サクサクというか、カリカリというか。
独特の食感である。
写真にも見える柄が、その、サクサク感を表している。
パリのパン屋
ショッソン・オ・ポム。
ここも、あごがものすごい。
この見た目のあごの高さがそのまま、ボリュームとなっている。
すなわち、中が空洞で膨らんでいるのではなく、ぎっしり、パイ生地と餡が詰まっているのだ。
だから、食べがい満点。
パリのパン屋
シュークリームのクリームが飛び出してしまうように、りんごの餡が飛び出てくるので要注意。
パイを、満喫できるショッソンである。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/2583-857aff36
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する