2015.10.05

Arnaud Delmontel アルノー・デルモンテルのパン・オ・ショコラとショッソン・オ・ポム

巡礼の丘へ登る巡礼者の坂道、マルティール通りにあるパン屋さん。
パリのパン屋
建物もおしゃれなら、店内もおしゃれ。
しかも、パンもおしゃれである。
パリのパン屋
パンのことそっちのけで、建物周りの写真ばかり撮ってしまう。
そういう建物だ。
パリのパン屋
パン・オ・ショコラは、大きくボリュームがあるが、バターっぽくはなく、パンっぽくはなく、バランスのいい美味しいパンオショコラである。
パリのパン屋
ショッソン・オ・ポムは、ふかふかのおいものようなボリューム感ある形。
あごの部分が高いのだ。
特筆すべきは、裏側は均一にきれいに焼けていること。
美味しいピザは、均一にこげているとかいう話を聞いたことがあるが、ここのショッソン・オ・ポムはまさに、そんな感じ。
パリのパン屋
ほかにも、おいしそうなパンがいっぱい並んでいたので、ぜひ、もう一度別のを買いに行ってみたいね。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/2579-d2fe0bed
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する