2015.09.07

明るい郊外路線

競馬のブログで使った写真の使いまわし。
この写真は、北駅から北郊アンガンへ向かう時に乗った列車の社内。
随分前からあるけれど、北駅からポントワーズの車両もこれになったので、アンガン競馬場へ行くときに乗ることができた。
SNCF
それでも、パリから北側へ向かって走る、北駅発の列車だけなのだろうと思っていたのだが、先日、サンラザール駅から西へ走る路線で、この列車に乗ることになった。
この西側の路線は、やたらと工事中で、このときは、ポワシーからバスでサルトルーヴィル、サルトルーヴィルからナンテールユニヴェルシテまでSNCFで移動し、そこから、RER-A線に乗り換えるというなんとも面倒な移動を強いられていたのだ。
そのとき、サルトルーヴィル駅へ入ってきた列車がこれだった。
SNCF
サルトルーヴィルは何度も通っているが、この列車は見たことがなかったのだが、この路線の古い車両も、これに入れ替わって行くのかもしれない。
なんとも、かわいらしいカラフルなデザインだが、その方が、落書きやその他のいたずらが減るのかもしれない。
そんなことを思うような列車である。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/2544-58e7f0ff
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する