2015.08.25

ノートルダム寺院からサントシャペル、ルーヴル美術館を眺める

手前に見えるのが、ノートルダム寺院の正面パリ警視庁。
二つの帽子屋根と、横長の屋根が見えます。

その向こうにサントシャペルが突き出ています。
その奥にある、サントシャペルの右から左へ伸びている大きな、ながーい建物がルーヴル美術館。
ノートルダム寺院
左手には、ラデファンスが見え、新凱旋門の枠も見えます
水らいけれど、ラデファンスのビルと重なるように、凱旋門も見えています。
ルーヴルの先っぽあたりから、凱旋門までが、シャンゼリゼ通りということになりますね。
町の構造は、地図で見てもわかりやすいですが、こうしてみると、古い割には、結構整然とした町ですね。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/2533-796bbd2e
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する