2015.08.02

アレ・レ・バン rue de Cadene キャドゥヌ通りは続く

どうも、気に入ったようだ。
このキャドゥヌ通りの写真の枚数が、アレ・レ・バンの通り写真の中で最も多かった。
アレ・レ・バン
疎水を流れる水のごとく、家々に挟まれた路地を歩いてゆく。

通りの先には、城門らしき、壁と、アーチ型に詰まれた石が見える。
ただひたすら、新しい発見をもとめて、歩みを続ける。
アレ・レ・バン
この旅の中での冒険では、まず間違いなく、危険な目には合わぬ。
安心して、未知と言う道の先を探索することになる。

多少でも、危険な匂いのする国では、歩け歩けとどんどん進む場合、いつでも、来た道を戻れるように、まるで、命綱を伸ばしつつ進むような緊張感もある。
それは、それで、背筋の伸びる緊張感のある冒険になる。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/2512-1ce8ddb0
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する