2015.07.30

アロマンシュのノルマンディー上陸作戦の戦争博物館

バイユーにもある、戦争の記念博物館。
どちらも結局入らなかった。
それは、戦争嫌いゆえか?敗戦国の国民ゆえか?それとも、あまり興味がないか?

歴史、人というもの、そうした観点において、興味がないわけではない。

歴史的建造物や博物館の中、外のお土産屋さんに、そうした、学習用のガイドなどが売っている
難しいものではなくて、子供用と思えるようなものが、わかりやすい。

図解が多いし、そもそも、そんなに詳しく西洋史やフランス史を習った覚えもないから、その、子供用のものでも、こちらには十分詳しい。
いつも買おうか迷った挙句、買わずに帰ってしまう。
いつも買わないくせに、後になればなるほど、それが欲しくなる。
現地に行くと、荷物になるという1点で、逡巡してしまうんですよね。
ハンディサイズのものであっても。
アロマンシュ・レ・バン
この日も、歩いて歩いて、丘を越えて、この町へやってきた。

海を背に、バス停へ向かい、近くのスーパーでお菓子とコーラを買い、バス停のベンチで、何十分も休憩した。
休んだら、歩けない気がして、海辺で休もうなどという気力もなくなっていた。

バイユーまでのバスの中の記憶は、まったくない。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/2509-9b44edd0
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する