FC2ブログ
2015.07.02

コインランドリーの洗剤

少し滞在が長いと、コインランドリーは必須になる。
使えるとわかっていれば、荷物も減るし、洗える前提の準備になる。
パリのコインランドリー
なんども、コインランドリーは紹介してきたが、今回は、洗剤の件。

洗剤であろうと、乾燥機であろうと、洗濯機であろうと、まずは、機械に貼られている番号を押す。
押すのは、下の機械の場合、右下にある。
押せば、金額が表示されるから、それを入れればいい。

洗剤の場合、固形と、粉洗剤がある。
目の前の、45番の洗剤は、粉。
粉が降ってくるのだ。
だから、表示されたからといって、お金、ここの場合、60サンチームを入れると、左の赤い機械の下のほうに見えている、四角い窓へ粉が降ってくることになる。
パリのコインランドリー
まさか、手ですくうわけじゃない。
支払機の上においてある、ペットボトルの切ったやつを、その四角い口においてあげるのだ。
日本のコンビニで買う、コーヒーと同じ要領である。

失敗するとね、手を汚さねばならぬし、新たにもう一度となると、再び小銭が必要になる。
財布が膨れるのを嫌うと、小銭が足りなくなるんだよね。
札の使えるコインランドリーは、まだまだ多くはない。

ここの場合は、ペットボトルコップをセットしてから、支払機で45と押し、お金挿入というのが正しい流れになる。

老婆心ながら。
これがあると思えば、日本から、洗剤を持っていかなくてもよくなる。
荷物が軽くなるわけだ。

ちなみに、lessiveが洗剤である。
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/2474-c0f2d37a
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する