FC2ブログ
2015.06.03

パリ17区 バティニョールのパン屋さんたち

先週の疲れが、今頃一気に出てきたか?
ノドは腫れ、体はだるい。
旅に出て、気がぬけると、一気にそのつけが回ってくる。
パリのパン屋
パリに来たからには、パンを食って治すしかない。
バティニョール通りにある、その名もラ・フィーユというパン屋さん。
通りの車よけのポールまで、ピンクになっている力の入れ様。
パリのパン屋
元のお店をやっていた方の娘さんがやっているのだろうか?
お店の名前からは、そんなイメージを抱く。
店内も、店員さんの服も、ピンク色で統一されているし、ディスプレイもかわいらしい感じだ。
パリのパン屋
パンオショコラは普通に美味しい。
ショッソン・オ・ポムは、形が特徴的。
こんな形をした岩を、そういえば、南仏のカシで見た記憶がある。
そっくりだ。
大きい割に、餡はそんなに詰まっていない。
軽い感じだ。
パリのパン屋
教会目の前のパン屋さんへも行く。
体力つけなきゃ!という理由で、歩いた分以上のカロリーを摂取。
パリのパン屋
こちらでも、全く同じ、パンオショコラと、ショッソン・オ・ポムを求める。
全体的に上品な感じのパンである。ショッソン・オ・ポムはこちらの方が小さくまとまっている。
パリのパン屋
個人的には、パンオショコラは、最初の店、ショッソンオポムは、後半のお店の方が好みだ。

17区の北側はバティニョール地区である。
ここの区役所通りは、バティニョール通りである。
ドン突きには、サント・マリー・デ・バティニョール教会がある。
その教会裏の公園が、ランチ場所のバティニョール公園。
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/2457-8bd0e1f1
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する