2015.05.20

プラハ 夜の聖ヴィート教会

城内には簡単に入ることはできる。
さすがに教会内には入れないようだ。
プラハ
さすがに、暗い教会を撮るのは大変か?と思いきや、光の当たっている部分が大きいので、そんなにシャッタースピードが遅くなることはない。
望遠にでもしなければ、まずまず撮れた。
といっても、手ぶれしたものの方が多かったが。
プラハ
こうした夜景は、カメラメーカーによって、随分と色合いが違うように思う。
撮った写真ばかり見ていると、実際、目に映っていた色が、どんな色だったか、分からなくなり、写真の色を見ていたような気になってしまう。
赤っぽくなるカメラもあれば、青白い光の反射になるカメラもある。
赤い方は温かみがあり、青白い方は、シャープなイメージになる。

無論、三脚はもっていった。
撮れたので、ホッとしているというのが、帰りの心境だった。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/2421-da74713a
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する