2015.04.04

コルマール Grand Rue グランリュー

地図をあまり見ずに、ぶらぶらと歩いてゆく。
自分自身の感覚では、ウンターリンデン美術館付近から、南に向かい、その後西に折れたつもりだった。
すると、このグラン・リューに出会った。
街外れに向かうと、こうした目抜き通りがいきなりあるのか・・と思ったのだが、実際は、旧市街の北よりを東へ歩き、南へ向かう目抜き通りにぶつかったのであった。
コルマール
この日は曇り。
全くしらぬ町で、太陽のないままに歩いてゆくと、方向感覚が全くなくなる。
地図を読み込めばいいのだろうが、そういった、細かいことは、あまりできないような性格らしい。
教会、美術館、スーパー、観光局から遠ざかれば、当然、目抜き通りなどあるはずはないと思っていた。

細かいことが好きな性格であると、たいていの人には思われる。
だが、身近な人間だけが、なにもやらぬ無精で気の利かぬいい加減な性格であることを知っている。

きれいでかわいらしい雰囲気の通りに引きずられ、この通りへ入ってゆく。
フナックもあるし、タバコ屋も見えるし、建物も瀟洒だし、こっちへ向かえば、また、気に入りそうな雰囲気のよい通り、何かしらの建造物に出会えそうと、通りの奥へ向かってゆく。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/2387-e3a3f786
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する