2015.04.01

プラハ トラム オレンジ編

先日、シンガポールの元首相リー・クアンユーがお亡くなりになった。
生まれて初めての海外旅行は、高校生の時に訪れたシンガポール。
のっけから、一人旅。
ただ、JALのファミリーサービスというのを利用した。
無論、”親”の指示による。
CAさんが、あれやこれやと世話を焼いてくれるのだが、多感な年頃を察し、子ども扱いをしないように気を使ってくれた。

その、シンガポールで、楽しみだったのは、バスの写真を撮ることだった。
何がって、ラッピングバスというのを始めてみたのだ。
さまざまなデザインが通り過ぎるのが、楽しかったのだ。
そんな、思い出のあるシンガポールといえば、当時の首相、リー・クアンユーという名前と共に記憶している。
プラハ
さて、チェコ。
その頃と、何も変わらない気分で、チェコのラッピングトラムの写真を撮っている。
髪の毛の白いものと、カメラがデジタルに変わった以外、自分も世界も何が進歩したのだろう。
東西冷戦構造が変わった。
変わったことは、いくつかあるが、進歩は果たしてしているのか?
そういえば、あのころ、キャビンアテンダントはスチュワーデスと呼んでいた。

進み、歩いたのは、時だけのような、気がする。

ともかく、色違いのトラムを撮りまくる。
その他の色は、またいずれ。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/2384-3732634d
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する